英語あそび

ビエネスタでは、ことばや異文化の壁を子供たちが形成するまでに、遊びの中で、英語にふれてもらえるような環境の提供を準備しています。。img_english

母国語の読み書きができない幼児期の段階で、外国語の「学習」は、むしろ幼少期の発達には弊害があるといわれておりますが、外国語(外国人)に対して、「壁」を作ってしまう前に、遊びの中でスムーズに外国語や外国人に触れることは有効であるとされています。
幼児期の物事に対する関心や興味は、大人の想像をはるかに超え、広範に及んでいます。当園の英語あそびは、「人」と触れながら右脳を刺激する、メソッドの一つとして考えており、豊かな関心や興味を刺激し、学校教育への土台づくりのための左脳の発達を目的として企画しております