園長ごあいさつ

現在、様々な問題により大変生き難い環境が多くなっています。そんな中でも「人が幸せに生きて行くため」には、人から愛され、また、人を愛し、感謝する心を育むことではないでしょうか?いつも感謝している方々には、他の方々からいろいろな幸せが運ばれてきます。だから、幸せになれるんです!
親が子供の望むこと、それは「幸せになってほしい」ではないでしょうか?

これは、保護者、保育士、地域の方々がしっかりとしたビジョンを持ち、徹底した子育て、保育(幼児教育)を実践することだと確信しています。決して難しいことを行うのではありません。当たり前のことを、年齢に応じたプログラムを繰り返す(リピート)するだけ。そして、子ども達が正しい「躾」の元に育つ環境整備が必要です。こんな当たり前のことが、本当は一番大切なんですよ。でも、一番おろそかになりがちです。

保育、子育てを通じてお伝えし、「幸せを呼び込める力」を兼ね備えた大人への第一歩を提供できるように頑張ってまいります。一保護者として皆様と一緒に頑張っていきたいと思います。
もちろん、併せて夢を実現できる脳を創るための実践も行ってまいります。よく、「蛙の子は蛙」と言われますが、容姿は確かに遺伝します、しかし脳は遺伝しません。生活習慣は、遺伝でなく、日々のリピートにより良くも悪くもすり込まれていきます。そして、多くは、マイナス要因がすり込まれる可能性が強くなります。少しでも子ども達が、幸せになれるために「頭」「身体」「こころ」をしっかり育てるお手伝いを行っていきたいと考えています。
入園等に関しましては、お問い合わせください!当園の主旨をご理解いただき入園頂きたいからです。

幸せになりたいと言ってなれるものではありません・・・

学校の勉強を教えたから勉強が出来るようになるわけではありません・・・

脳にとってゴールデンエイジである幼児期から徹底的に始めましょう!